国際医療福祉大学

医療福祉のお仕事ガイド

診療情報管理士診療情報管理士

貴重な診療記録を
しっかり管理し、活用する。

どんな仕事?どんな仕事?

カルテの活用により医療と経営に貢献。

治療内容・病状・検査記録などが書かれた診療録(カルテ)の管理・診療情報の分析を行います。これにより、診療内容の無駄を明らかにして医療の質を高めるとともに、病院経営の改善につなげます。また、患者さんの求めによりカルテを開示し、内容をわかりやすく説明したり、医師などが行う調査・研究をサポートしたりします。

どこで働く?どこで働く?

毎日、多数の患者さんが利用する
大規模な医療機関です。
  • 病院
  • 診療情報分析会社
  • 医療関連のソフトウェア会社
など

仕事の展開と将来の展望仕事の展開と将来の展望

病院の経営戦略に欠かせない専門職。

現在、医療現場では、カルテの電子化が進むなど、データの管理・活用が大きな課題となっています。診療情報管理士はあらゆる診療情報を扱う専門職であり、診療記録の管理者を配置することで病院の収入の面で優遇されるなど、その役割は増大しています。多くは病院で活躍していますが、病床数や外来数が多い大規模な病院になるほど、役割の重要度は増していきます。