国際医療福祉大学

医療福祉のお仕事ガイド

作業療法士作業療法士

障害を持つ方が
その人らしく生活をするために、
作業を通して支える。

作業療法その人が生活していくための動作に着目

人は基本的な動作のどれかひとつだけを行っているわけではありません。いくつかの基本的な動作を組み合わせて、トイレに行く、着替える、食事をする、キーボードを打つなどの動作を行っています。その人の実際の生活の場面で、その動作を困難にしている環境的な原因にも着目しながら、能力の回復・維持・改善をめざします。また、地域活動や就学就労など、障害を持つ人が社会の中でともに生きるために必要な能力の回復・維持・改善をめざします。

どんな仕事?どんな仕事?

生活に必要な動作能力の回復を図る。

身体障害を持つ人に対して、日常的な身の回りの活動(食事・入浴など)や社会的活動(交流・仕事など)を回復するための訓練を行うほか、精神障害を持つ人の自立や社会復帰を支援します。障害の特性やその人の好みにより、①食事などの日常動作 ②木工・絵画などの創作 ③遊び ④スポーツなどを用いるほか、自助具の開発や住宅環境の改善を行います。

どこで働く?どこで働く?

バラエティに富んだ活躍の場。
  • 病院・リハビリテーションセンター
  • 乳幼児発達相談事業
  • 特別支援教育
  • 訪問などの地域医療
  • 高齢者介護予防事業
  • 医療福祉用具の研究・開発
など

仕事の展開と将来の展望仕事の展開と将来の展望

生活する環境に着目した支援。

障害を持ちながら日常生活や社会生活をスムーズに送るための複合的な支援を行う作業療法は、身体に障害を持つ人だけでなく、精神障害や発達障害(自閉症・学習障害など)を持つ人も対象にしています。障害を持ちながら生活する人の「環境」に着目して、環境の中にその人の活動を制約している要因があれば、その環境を変え、活動を促進していく役割を担っています。