国際医療福祉大学

医療福祉のお仕事ガイド

診療放射線技師診療放射線技師

治療や予防のために、
最新機器を安全にフル活用。

どんな仕事?どんな仕事?

画像撮影と放射線治療に貢献。

放射線を用いたX線装置・CT装置、磁気を用いたMRI装置、超音波を用いた超音波診断装置などを扱って、医師が病気を診断するための最適な画像を撮影し提供します。また、こうした病気の早期発見・精密診断にとどまらず、がん治療のひとつである放射線治療では、最先端技術を駆使した放射線治療装置を扱って、治療に直接貢献する役割も担います。

どこで働く?どこで働く?

病院の放射線科や専門の医療機関など、安全管理にも従事します。
  • 病院
  • 医療行政機関
  • 福祉施設
  • 医療機器関連企業
  • 画像検査センター
など

仕事の展開と将来の展望仕事の展開と将来の展望

放射線治療専門放射線技師が誕生。

近年の画像診断装置や放射線治療装置の技術進歩はめざましく、これらを扱う診療放射線技師には高度な専門知識と技術が要求されています。特に、がんの放射線治療においては、病巣に照準を合わせて正確な線量を投与できるかどうかが治療の成否を決めるため、この分野の専門性を高めた「放射線治療専門放射線技師」が誕生しており、治療分野での貢献がますます望まれています。