国際医療福祉大学

医療福祉のお仕事ガイド

看護師看護師

さまざまな医療の場で
患者さんをサポートし、
ともに病気や障害とたたかう。

どんな仕事?どんな仕事?

一番近くで患者さんを支える。

病院では、外来・救急・入院・手術・退院などのさまざまな場面で、診療の補助や日常生活の援助、健康回復に向けた指導を行います。患者さんの一番近くにいて、患者さんと医療スタッフをつなぐ役割も担います。また、高齢社会を背景に、自宅やホスピスなどで生活する人に対する訪問看護も需要が高まっています。

どこで働く?どこで働く?

高齢社会を迎え、多彩な職場が
プロの看護師を待っています。
  • 病院・診療所
  • 老人保健施設
  • 訪問看護ステーション
  • 保健所
など

仕事の展開と将来の展望仕事の展開と将来の展望

専門分野を持ち、診療を担う看護師も。

看護師として働きながら、がん・精神・地域・老人・小児・母性など、特定の分野で水準の高い看護を提供する「専門看護師」や「認定看護師」になる制度があり、その分野は年々増加しています。さらに、単なる医師の診療補助にとどまらず、手順書(医師の指示として作成する文書)により、特定行為を実施するための特定行為研修が始まりました。特定行為を実施するためには、高度で専門的な知識並びに判断が必要であり、これを研修する制度です。