国際医療福祉大学

医療福祉のお仕事ガイド

薬剤師薬剤師

患者さんが薬を正しく上手に利用し、
早く回復するためのお手伝い。

どんな仕事?どんな仕事?

薬を通して医療・生活に貢献する。

製薬会社での薬の研究・開発・製造から、病院・薬局などでの調剤・服薬指導まで、さまざまな場面で薬に関わります。また、専門知識を生かして、行政機関で医薬品等の製造・販売業の許認可や土壌・水質、薬品、有害・有毒物質の検査などに従事したり、食品・化粧品メーカーの開発部門で活躍したりしています。

どこで働く?どこで働く?

病院と薬局だけではありません。
  • 病院・診療所
  • 薬局・薬店
  • 製薬会社・医薬品販売会社
  • 食品メーカー・化粧品メーカー
  • 行政機関
など

仕事の展開と将来の展望仕事の展開と将来の展望

医療の担い手としてさらに進化。

外来患者さんだけでなく、救急・入院・手術など、薬を提供する場面はさまざまです。そうした調剤の際に、医師が出した処方せんに疑問が生じた場合、薬剤師にはこれを医師に確認する重い責任が課せられています。さらに、医療の高度化に伴い、がんや感染症に対する「専門薬剤師」制度があり、医師とともに質の高い医療を展開できる専門薬剤師もすでに誕生しています。