国際医療福祉大学

医療福祉のお仕事ガイド

視能訓練士視能訓練士

大切な目を守るために、
検査や矯正訓練を行う。

どんな仕事?どんな仕事?

目の検査のほか、病気の早期発見も。

①医師の診断のためのさまざまな検査(視力、視野、屈折、眼圧など)②斜視・弱視などに対する視機能回復を目的とした矯正訓練 ③視覚に障害を持つ人の現在の視機能を最大限に活用して、生活の質のレベルを維持するロービジョンケアなどを担います。また、乳幼児健診、学校健診、職場健診などで病気の早期発見・予防に貢献しています。

どこで働く?どこで働く?

病院だけでなく、
企業や公的機関など。
  • 病院・リハビリテーションセンター
  • 医療機器・医薬業関連企業
  • 保健所・保健センター
など

仕事の展開と将来の展望仕事の展開と将来の展望

注目されるロービジョンケアの担い手。

人口の高齢化や生活習慣の変化により、緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性などに伴う視機能障害が増加し、ロービジョンケアが注目されています。現在は視能訓練士の大半が病院などに勤務していますが、今後は保健所や老人福祉センターでの活躍が期待されます。現在、眼科医14,000人に対し、視能訓練士は13,000人ほど。眼科医1人に2~3人が必要と言われ、さらなる養成が望まれています。