国際医療福祉大学

医療福祉のお仕事ガイド

臨床検査技師臨床検査技師

病気の診断、治療、
予防のための検査データを
提供し、診療に貢献する。

どんな仕事?どんな仕事?

病気や健康状態を科学的に把握。

病気を診断し、治療の経過・健康状態を把握するために、血液・尿・便・組織片などの検体を検査・分析します。脳波検査・眼底写真検査・呼吸機能検査・心電図検査・超音波検査・MRI検査など直接患者さんと接する検査も担当します。さらに、遺伝子検査により、発病や薬効を左右する個人差を解明する役割も担います。

どこで働く?どこで働く?

医療機関はもちろん、医薬企業の
研究職など選択肢は多い。
  • 病院
  • 検査センター
  • 治験・製薬・食品・医療機器関連企業
  • 警察の科学捜査部門
  • 保健所・保健センター
など

仕事の展開と将来の展望仕事の展開と将来の展望

専門分野でのスキルアップの道も。

病院勤務や、臨床検査を請け負う検査センター、企業など、専門知識を生かせる場が広いのが特徴です。さらに、臨床検査技師の資格取得後、がんの発見や診断のため細胞を採取して調べる「細胞検査士」や、エコー検査で体表臓器・循環器・消化器・泌尿器・産婦人科・健診・血管の領域別に認定を受ける「超音波検査士」といった認定資格が数多くあり、専門分野でスキルアップする道が開かれています。