国際医療福祉大学

医療福祉のお仕事ガイド

「チーム医療・チームケア」ってなに?

例えば、脳梗塞によって入院し、退院に向けて歩行訓練を始めた患者さんを想像してみましょう。
その人に関わっているのは目の前の理学療法士だけではありません。
医師、薬剤師、看護師はもちろん、後遺症によっては作業療法士、言語聴覚士。
さらには、療養に関わる制度についてアドバイスする社会福祉士。
退院後、切れ目なく介護サービスが必要になる場合は介護福祉士など、
ほかにも多くの専門職が関わっています。
しかし、それぞれの専門職が自分の視点からだけ患者さんを見ていたのでは、
その人にとって本当に必要な医療やケアのサービスを提供することはできません。
その人に関わる多くの専門職が、その人の状態や希望、目標などを共有し、
共通の目標を立てて、医療やケアのサービスを実施するのが
「チーム医療・チームケア」です。

医療福祉のキーワード

「チーム医療・チームケア」は
どうやって学ぶ?

さまざまな専門職が働く医療福祉現場と同じような環境にあるのが国際医療福祉大学です。
ここには、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、
診療放射線技師、臨床検査技師、薬剤師、社会福祉士、
介護福祉士、精神保健福祉士などの専門職をめざす学生が集まっています。
そこで、学生が学部・学科を越えたチームを作り、
臨床実習を行う独自の先進的なカリキュラムを実施しています。
こうして、他の専門職との共同作業やコミュニケーションのノウハウを獲得し、
卒業後、現場で「チーム医療・チームケア」をリードする能力を身につけます。