国際医療福祉大学

教員インタビュー

人の人生に寄り添い、思いやりながら
自らが“生きる”ことについても
深く考える
保健医療学部 作業療法学科
野﨑 智仁助教

研究内容 About a study

主な研究について

精神障害者の就労定着に関する
研究について

これまで、精神障害者等の就労支援を実践してきました。全国において、精神障害者の社会進出が加速している中で、就職者の離職に関することが課題となっています。その要因を明らかにすることや、今後の支援体制のあり方を検討したいと考えております。

研究する上で、楽しいこと、
印象に残っていること

調査では、事前に対象者の実態を
知ることも重要

研究対象となる方々(知的障害者、精神障害者など)と、地元企業のイベントで、ピザを焼いて販売した経験があります。こうした交流を重ねることにより、その先の研究を、さらに深く進めることができたと感じています。

研究する上で、大変なこと

分析や研究結果を伝えるための表現力

日頃より臨床実践を行っているのですが、その内容について研究という方法で他者に分かりやすいように結果を導き出す、まとめ方や分析方法に心を配っています。大学院(修士課程)では、研修指導教員に相談し、ご指導をいただきました。

今後の展望

互いに助け合い、
誰もが生活しやすいまちづくり

今現在も、精神障害者等の地域生活支援を実践しているのですが、障害があっても、なくても、地域の中で当たり前に互いに支え合い、生活ができる『まちづくり』を行っていきたいと考えています。そうした活動をすることで、結果的に、誰しもが生活しやすい『まち』へ変わっていくことを信じています。

学生について About a student

学生たちの様子、本学のいいところ

1年次から、
興味のあることに熱心に取り組む

医療福祉の専門職をめざしている学生なので、学修面や生活面の両方において、入学後、早い時期から、熱心に取り組んでいる印象があります。卒業後の自らの立場(本学科でいえば作業療法士になること)を意識しているからだと思います。自分が関心を持っていること、例えば、ボランティア活動や授業内容、もっと掘り下げて学びたいと思っている案件について、関連する教員への質問が盛んで、そうした時間を楽しんでいるように見えます。また、学生数が多いので、様々な考えに触れる機会があり、また、卒業後にも一緒に学んだ同士がいることで、臨床現場で必要なことなどの情報共有が可能となっています。大学関連施設が充実していることで、在学中より対象者との関わりを多く持つことができ、実習を通じて、対象者の具体的な生活像を理解する機会に恵まれています。

授業内容は、社会でどんな役に立つのか

社会に向けて提案するための技術を磨く

「コミュニケーション技術論」、「精神疾患作業療法学」、「職業関連技術学」などを担当しています。これらを習得することで、疾病性の有無に限らず、社会の中でコミュニケーションを取るということは、どのようなことであるかを考え、対応することができると思います。相手のことを理解すること、また、自分のことを理解してもらうことは、とても大変な作業です。いかにお互いが理解し合えるか、相手の心理を想像する大切さを学んで欲しいと思います。また、精神疾患に対する作業療法をどのように展開するか、就労を希望する対象者への支援の方法はどのようなものがあるかなど、臨床にて治療や援助を行う際に役に立つと思います。

どんな学生にふさわしい大学か、
また、卒業生はどんな仕事に就いているか

自ら興味や関心を持ち、
考え、行動していける環境

自ら学びたいと思う、意思のある学生にとっては、様々な情報があるので、魅力的な大学だと思います。
卒業生は、医療機関や福祉施設において活躍する作業療法士として、脳卒中や脊髄損傷などの身体障害領域、うつ病や統合失調症などの精神障害領域、重症心身障害児や自閉症スペクトラム障害などの発達障害領域、認知症などの老年期障害領域などの領域において、仕事に就いています。

メッセージ Message

高校生(受験生)へのメッセージ

作業療法士は魅力的な仕事です。対象となる方の人生にふれる役割を持ち、自らの“生きる”ということについて考える機会を得ることができます。是非、共に学び、作業療法士の同士として、社会に貢献していきましょう。

保健医療学部 作業療法学科
助教
野﨑 智仁

所有資格:作業療法士、精神保健福祉士、第1種職場適応援助者(ジョブコーチ)、相談支援専門員など
出身地:千葉県 趣味:サッカー、農業、隠居再生
愛読書:遠藤周作の作品など

所有資格:作業療法士、精神保健福祉士、第1種職場適応援助者(ジョブコーチ)、相談支援専門員など
出身地:千葉県 趣味:サッカー、農業、隠居再生
愛読書:遠藤周作の作品など

休日の過ごし方

農業、子育てに追われています。また、日本職業リハビリテーション学会の運営理事の役割や就労支援関係の会議などの対応を行っています。

好きな言葉

『冷静に他者を思いやる心』
(本学科前学科長の言葉です。目の前の状況に揺さぶられることなく、相手に対して客観的な立ち位置で聴くことと、相手の心情を察しながら対応すること、といった両方の心がけが、臨床で意識することとして大切だという意味です)

最近興味を持っていること

まちづくり、地域開発