国際医療福祉大学

入試Q&A

入試に関するQ&A (医学部を除く)

入試全般

Q1理学療法士を目指しています。4学部に理学療法学科がありますが、違いはありますか?
A
学部は異なりますが、理学療法士として必要な知識や技術を4年間で学ぶ、という内容に違いはほとんどありません。
4学部は地域やキャンパスの学科構成が異なります。「たくさんの学科がある大田原キャンパスがよい」、「海外経験豊富な教員がいる成田キャンパスがよい」、「交通の便がよい小田原キャンパスに通いたい」、「関連病院が近い大川キャンパスで学びたい」など、学部選択の理由はさまざまです。
併願が可能な特待奨学生特別選抜入試、一般入試前期、大学入試センター試験利用入試Ⅰ期を利用して、学部間の併願も可能です。看護学科や作業療法学科、言語聴覚学科、医学検査学科も同様です。
Q2文系のクラスに所属していて、理数系科目を履修していません。受験や入学後の授業が心配なのですが…。
A
文系・理系を問わず、医療福祉の分野を志す方に幅広く入学してほしいと考えています。
学科により異なりますが、多くの学科の試験科目は、文系・理系を問わず受験できるように設定されています。
また、入学後の授業では総合教育科目を開講しており、専門科目を学ぶうえで必要になる理数系科目の知識を基礎から学ぶことができます。
  • 保健医療学部 放射線・情報科学科および薬学部 薬学科の試験科目には、理数系科目を含みます。
Q3身体に障害がある場合、受験や入学の際に制限はありますか?
A
受験および入学後の修学・学生生活において、個々の状況に応じて特別な配慮が必要となる場合があります。事前に入学を希望するキャンパスの入試事務室に問い合わせのうえ、受験や修学に関する諸注意を確認してください。
Q4入学願書を取り寄せたいのですが…。
A
資料請求フォームよりお申し込みください。
Q5過去問題集はどのようにすれば入手できますか?
A
詳しくは、【入試ガイド2018】P.57を確認してください。
Q6地方試験場で受験したいのですが、試験場によって合否に不利になることはありますか?
A
一切ありません。
最も受験しやすい試験場を利用してください。
Q7選択科目を受験する場合、選択する科目によって合否に不利になることはありますか?
A
一切ありません。
科目ごとに点数を偏差値化して合否を判定します。
Q8遠方から受験しようと考えているのですが、宿泊先は紹介してもらえるのでしょうか?
A
本学から紹介はしていません。
Q9試験当日、昼食を持参した方がいいでしょうか?
A
持参することをお勧めします。
昼食は、昼休みに試験室内で食べることができます。試験場によっては近くにコンビニエンスストアもありますが、休憩時間が限られていますので、持参した方がよいでしょう。
Q10合格発表はどのように行いますか?
A
合格者には、「合格通知書」を送付します。学内掲示による発表は行いません。
また、インターネット上でも「国際医療福祉大学合否速報サイト」で合否結果を確認することができます。

AO入試

Q1AO入試で出題される「適性をみるための基礎試験」とはどんな試験ですか?
A
基礎的な知識を問うための一般教養(英語・国語・数学・理科)の問題や、グラフや統計資料などから読み取った内容をもとに自分の考えを述べる小論文があります。試験時間は90分を予定しています。
  • 過去問題は非公表です。
Q2薬学部の「適性をみるための基礎学力試験」とはどんな試験ですか?
A
「コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・英語表現Ⅰ」、「化学基礎」、「生物基礎」の基礎的な問題になりますので、高校の教科書を復習したり、本学の赤本に掲載されている一般入試の英語・化学・生物の問題を解答しておくのもよいでしょう。試験時間は120分、解答形式は記述式を予定しています。
  • 過去問題は非公表です。
Q3放射線・情報科学科のグループディスカッションの中で実施される「適性をみるための簡単な数学や理科の問題」とはどんな問題ですか?
A
放射線・情報科学科で学ぶための適性を判断するもので、基礎的な数学および理科の学力試験になります。数学は計算問題・図や表を使った問題、理科は自然科学全般から知識だけでなく思考力を問う問題を出題しています。問題を解いたあとには、その問題の解答や解き方についてディスカッションを行います。 ※過去問題は非公表です。
Q4保健医療学部 作業療法学科のAO入試で出題される「小論文」とはどんな問題ですか?
A
資料読解などを含むものではなく、高校推薦入試[公募制]や一般入試前期と同様にテーマ式を予定しています。 医療・福祉の専門的な知識を問うことが目的ではありません。 与えられたテーマについて、自分の考えを論理的にまとめ、説得力のある文章で表現できる力を重視します。 高校推薦入試[公募制]や一般入試前期の小論文過去出題テーマが【入試ガイド2018】P.58に掲載されていますので参考にしてください。
  • AO入試の小論文過去出題テーマは非公表です。

高校推薦入試

Q1評定平均値が3.4ですが、高校推薦入試[公募制]に出願できますか?
A
本学の高校推薦入試[公募制]は出願資格に記載の通り、高等学校での全体の評定平均値が3.5以上の方を対象としています。この基準を下回っている場合には、出願できません。
Q2高校推薦入試[公募制]に出願できるのは、現役生だけですか?
A
高校卒業後1年未満の方も出願できます。もちろん、既卒生が現役生に比べ不利になることは一切ありません。
Q3高校推薦入試[指定校制]に出願したいのですが、指定されている高等学校を教えてください。
A
高校推薦入試[指定校制]の詳細は本学が指定する高等学校に直接通知します。指定の有無や試験内容の詳細については、高等学校の進路指導室に直接確認してください。
Q4AO入試を受験しましたが、不合格でした。高校推薦入試に出願できますか?
A
高校推薦入試[公募制]への出願は可能です。
ただし、AO入試で不合格となった方は、高校推薦入試[指定校制]で全学部全学科に出願できません。高校推薦入試[指定校制]に出願を検討している方は、十分に注意してください。
Q5高校での評定平均値は、どの程度合否に影響するのですか?
A
評定平均値はあくまで出願の際の基準として設定しているものです。
合否の判定にあたっては、試験当日の成績を重視していますが、出願書類の記載事項なども参考にし、総合的に判定します。

特待奨学生特別選抜入試

Q1AO入試や高校推薦入試[公募制・指定校制]などで既に合格し、入学手続をしている場合でも、特待奨学生特別選抜入試を受験できますか?
A
受験できます。
特待奨学生特別選抜入試の出願までに入学手続を完了している方は、同一学部・学科に限り、入学の権利を確保したまま特待奨学生特別選抜入試にチャレンジ受験ができます(この場合の入学検定料は10,000円になります)。
特待奨学生特別選抜入試で成績上位合格者になった場合、特待奨学生S、特待奨学生Aに選抜されます。
  • 医療福祉学部では、特待奨学生Sの選抜は行いません。
Q2チャレンジ受験後、特待奨学生にならなかった場合、入学に影響することはありますか?
また、その後入学を辞退することはできますか?
A
入学に影響することは一切ありません。また、専願制入試合格者は入学を辞退することはできません。
Q3特待奨学生特別選抜入試の一般合格者は、一般入試前期での合格者になるのですか?
A
いいえ、特待奨学生特別選抜入試による合格者となります。よって、入学手続などは特待奨学生特別選抜入試により定められた日程で行ってください。
Q4薬学部を志望しているのですが、特待奨学生Sは成績上位合格者の最大20名を、特待奨学生Aは特待奨学生Sに続く成績上位合格者の最大30名を対象とするということは、成績が1位~ 20位まで、21位~ 50位までということですか?
A
特待奨学生は、「合格者のうち、成績上位者であり、試験結果の科目合計得点率が60%以上の方を対象」としています。よって、薬学部で特待奨学生特別選抜入試を受験した場合、成績上位合格者であっても300点満点中180点以上の得点を収めていなければ、特待奨学生Sや特待奨学生Aとなる順位内であっても、対象とはなりません。
Q5特待奨学生特別選抜入試の過去問題が欲しいのですが…
A
特待奨学生特別選抜入試の過去問題は原則として非公表ですが、「英語」「化学」の過去問題を教学社「大学入試シリーズ」(赤本)で公表しています。また、出題傾向や出題形式は一般入試と同様です。一般入試の過去問題は赤本で公表しているので、対策として利用してください。
赤本の入手方法は、【入試ガイド2018】P.57を確認してください。

一般入試・
大学入試センター試験利用入試

Q1特待奨学生特別選抜入試で一般合格者になった場合、一般入試前期や大学入試センター試験利用入試Ⅰ期にチャレンジ受験はできますか?
A
受験できます。
特待奨学生特別選抜入試で一般合格者として入学手続をした方であれば、入学の権利を確保したまま、一般入試前期や大学入試センター試験利用入試Ⅰ期において、入学手続をした学科を第一志望学科としてチャレンジ受験することができます(この場合は正規の入学検定料が必要です)。
一般入試前期や大学入試センター試験利用入試Ⅰ期で成績上位合格者になった場合、特待奨学生Bに選抜されます。
  • 成田看護学部・小田原保健医療学部・福岡看護学部では、特待奨学生Bの選抜は行いません。
Q2AO入試や高校推薦入試などの合格者が一般入試前期や大学入試センター試験利用入試Ⅰ期にチャレンジ受験はできますか?
A
受験できません。
他の入試で合格し、本学に入学手続をされた方のうち、一般入試前期もしくは大学入試センター試験利用入試Ⅰ期にチャレンジ受験ができるのは、特待奨学生特別選抜入試における一般合格での入学手続者(成田看護学部・小田原保健医療学部・福岡看護学部は除く)のみです。
Q3一般入試前期と大学入試センター試験利用入試Ⅰ期は1組の出願書類で出願できますか?
A
出願できます。
詳細はこちらを確認してください。
Q4一般入試前期のA日程・B日程はどのように違いますか?
A
一般入試前期A日程とB日程では、試験日と実施する試験場が異なります。学部ごとに試験日を2回設定し、受験者が自由に選択できるように受験の機会を広げています。
Q5一般入試前期A日程・B日程は両日受験できますか?
A
両日受験できます。もちろん、受験はどちらか1日でもかまいません。
受験機会を最大限に利用するならば、同一学部は最大2日間、試験日の異なる学部の組み合わせでは最大5日間受験することが可能となります。同一学部・学科をA・B両日受験した場合は、成績のよい方で合否を判定します。

併願制入試共通

Q1第二・第三志望学科を選択できる入試はどの入試ですか?
A
特待奨学生特別選抜入試、一般入試前期・後期および大学入試センター試験利用入試Ⅰ期・Ⅱ期では、第二・第三志望制度を実施しています。
詳細は【入試ガイド2018】 P.11を確認してください。
Q2第二志望学科や第三志望学科を選択すると合否に不利になることはありますか?
A
一切ありません。
Q3入学試験の選択科目は、事前に決めて出願時に申請する必要がありますか?
A
すべての入試において選択科目の事前申告は必要ありません。特待奨学生特別選抜入試や一般入試前期では、試験当日に解答する科目を選択できます。また、大学入試センター試験利用入試では、本学が選択科目として指定している科目を受験していれば、高得点の科目から指定する科目数を合否判定に使用します。
Q4入学手続をした後、入学を辞退することはできますか?
A
併願制入試において合格した場合(専願制入試合格者が特待奨学生特別選抜入試にチャレンジ受験をして合格した場合は除く)のみ入学を辞退することができます。
本学の入学手続をした後で入学を辞退するには、別途定める辞退期限までに入学辞退届を提出する必要があります(この場合、入学金以外の学生納付金が返還されます)。

特待奨学生制度(特待奨学生特別選抜入試・一般入試前期・
大学入試センター試験利用入試Ⅰ期 共通)

Q1特待奨学生に選抜された場合は、いつごろ通知されますか?
A
合格発表時に通知します。
対象者には、「国際医療福祉大学合否速報サイト」や合格通知書で特待奨学生合格が通知されます。
Q2特待奨学生に選抜された場合、他大学との併願ができなくなりますか?
A
併願できます。
また、特待奨学生に選抜されても入学を辞退することができます(専願制入試合格者が特待奨学生特別選抜入試にチャレンジ受験をして合格した場合は除く)。
Q3特待奨学生に選抜された合格者が入学手続をしなかった場合、他の合格者が特待奨学生に繰り上がりますか?
A
繰り上がりません。
特待奨学生対象者は、合格発表時に通知された合格者のみが対象となります。

過去問について(医学部を除く)

一般常識試験

傾向と対策

1
一般常識試験の難易度は、普段の高校での授業や日常生活で得られる知識で解答できるレベルです。
2
本学の「一般常識試験」の過去問題(抜粋資料)を入手し、出題形式を把握しましょう。
3
高校の教科書や参考書を使用して、基礎的な知識を見直すことも有効です。

◎一般常識試験の過去問題(抜粋資料)を入手する

高校推薦入試[公募制]および帰国生徒特別選抜入試で出題している「一般常識試験」の過去問題(抜粋資料)は、オープンキャンパスや本学が主催する進学相談会などで、参加者特典として入手できます。

小論文試験

傾向と対策

1
本学の小論文試験は、医療・福祉分野の専門的な知識の有無を問うことが目的ではありません。
2
首尾一貫した分かりやすい文章を、限られた時間内に指定された文字数でまとめられるかどうかがポイントです。
誤字・脱字のないように注意しましょう。
3
小論文テーマは幅広い分野から出題されます。普段から新聞やニュースに関心を持ち、よく取り上げられている内容はメモを取り、自分が感じたことなどを簡単にまとめる練習をしておくとよいでしょう。

◎過去に出題されたテーマについて書く

小論文試験の過去の出題テーマは、【入試ガイド2018】 P.58を確認してください。
過去に出題されたテーマについて制限時間内に書き、高校の先生などに添削してもらうのもよいでしょう。

その他の科目試験

赤本で対策をする

本学の一般入試の過去問題は、教学社より出版されている「大学入試シリーズ」(以下赤本)にて公表しています。
また、以下の科目試験は、一般入試と同様の出題傾向や出題形式となっています。対策の一つとして利用してください。

赤本を解く際は、志望学部の過去問題に限らず、掲載されている他学部の過去問題も解いてみましょう。受験予定の科目を一通り解き、本学の出題傾向や出題形式を理解したうえで演習問題等に取り組んでください。

赤本で対策できる入試

○一般入試前期 ○一般入試後期 ○特待奨学生特別選抜入試 ○社会人特別選抜入試 薬学部/学力検査[英語・化学]
○高校推薦入試[公募制]・帰国生徒特別選抜入試

薬学部/学科適性試験[英語・化学]※ 福岡看護学部/選択科目[英語・国語総合]※
福岡保健医療学部/選択科目[英語・国語総合]※

  • 薬学部「学科適性試験[英語・化学]」の試験時間は2科目で90分、福岡看護学部、福岡保健医療学部「選択科目[英語・国語総合]」の試験時間は1科目45分に設定されています。一般入試よりも1科目あたりの試験時間が短い分、問題数が少なめになっています。